過去ログ73

[前のページへ] [全過去ログ & Doc版へ] [次のページへ]

2001年11月30日(金)
【その433】 俺とお前とシグマリ2(6) 〜ダイソー、侮り難し〜

 sigmarion II と CFE-02(NEC インフロンティア製 Air H"対応 CF型 PHSカード) を手に入れたおいらが、次に欲しいと思ったものがありました。それは、

sigmarion II に CFE-02 を挿したままの状態で収納できるケース

です。
 sigmarion II といえば、ZERO HALLIBURTON デザインの筐体が大きな特徴。しかし実は、そのサテンシルバーのカラーはアルミではなく塗装。初代 sigmarion のオーナーが、傷が付いて塗装が剥げ、地の色が出てしまった、と Web 上で漏らしているのを何度か見かけたことがあります。
 う〜ん、せっかく手に入れたんだから、そんな目には遭いたくない。となれば、持ち運ぶ際にボディをカバーしてくれるケースが必要です。というわけで、sigmarion II を手に入れた当日、おいらは秋葉原の町を、ケースを求めてさまよい歩きました。
 これまでず〜っと Palm を使い続けているおいら。Palm 用のケースって、ホントにたくさんの種類が発売されてるんですよねぇ。特に V/x/c3 系に対応したケースは種類が豊富で、選ぶのに困るほど。だから、ね。sigmarion に対しても同じような感覚でいたんですよ。ちょっと探せば専用ケースの一つや二つ、すぐに見つかると。ところが、

無い。無い無い無い。

あちこち探してみたんですが、それらしきものが一つも見つかりません。
 確かに sigmarion II は発売されてからまだ日が浅く、それ用のケースが揃ってなくて当たり前なのかもしれません。しかし、初代 sigmarion が発売されたのはだいぶ前ですよね。筐体は初代と II でほぼ共通だから、ケースを共通で使えるはず。なのに、その初代用ケースが無いんです。これには参りました。
 おいらは諦めて、汎用のケースを物色することにしました。CFE-02 を挿したまま、sigmarion II を収納できることと、バッグに入れて持ち運ぶ最に極力かさばらないというのが条件。しかし、該当するケースはいくつか見つけたものの、どうもしっくり来るものがありません。
 途方に暮れていたおいらですが、ふと、ある言葉が脳裏をよぎりました。

「100円ショップ・・・・・・。」

そう言えば以前どこかで、「100円ショップで見つけたケースが、Palm にぴったりだった」という記事を見かけました(PalmClip だったかな?)。「これだ!!」と、そう思いました。
 おいらは秋葉原を後にすると、地元へとって返し、近所の100円ショップ、「ダイソー」へ向かいました。すると・・・・・・あるじゃないですか、sigmarion II にぴったりのケースが!!


クリックすると大きな画像、sigmarion II は別売(笑)

 「クッションケース」という名前で売られているそれは、小さいものはペンケースサイズのものから、大きいものは A3サイズほどのものまであります。素材にはスポンジが使われており、耐衝撃性も多少はありそう。おいらはたくさんある種類の中から、CFE-02 を挿したまま sigmarion II を収納できそうなサイズを選び、購入しました。
 正直、高級感のかけらもありません。何の付加機能も持たない、単なる入れ物です。しかし、傷から筐体を守る為には、これで十分ですよね。なんたって100円なんですから、贅沢言っちゃいけません。取りあえずおいら、気に入ったケースが出てくるまではこいつを使ってあげようと思っています。


ひとりごと
・今度の土日は札幌、迎撃してくれる方募集中。
あたあん、密かに引っ越し準備中。
・ホント腹立つわこれ。何とか犯人捕まえられんのか。>「実録ヤフーオークション事件顛末記

2001年12月1日(土)
【その434】 リアルタイム更新 〜俺とお前と北海道一日目〜

06:40
 おはようございます。眠いです(^_^;。実は本日・明日と、一泊二日の北海道旅行。タカも一緒です。PUGH の皆さんに迎撃して頂く予定にもなっていますので、楽しい旅行になりそうです。というわけで、例によってリアルタイムで状況をお伝えしていきたいと思います。もちろん、sigmarion II & Air H"にて。しかも今回は CF対応のデジカメも手に入れたので、画像も交えながらの更新となる予定です。よろしくお願いいたしますm(_ _)m。

07:05
 羽田空港到着。7:45発エアドゥ札幌行でゴー。

09:35
 新千歳空港到着。飛行機内から写真撮ろうと思ってたのに寝てた模様。失敗。下は出発前の機内より撮影したもの。

<画像>

10:30
 検討の結果、行き先は「ノーザンホースパーク」に決定!

15:30

<画像>
「ノーザンホースパーク」にて、
<画像>
馬に乗ったり、
<画像>
馬車に乗ったり、
<画像>
そして何故か陶芸(絵付けのみ)しちゃったりなんかしました。
<画像>
で、これがその作品。
<画像>
裏面。駄洒落かよ!(笑)

16:25
 いったん空港に戻ってきました。「ノーザンホースパーク」では H"が圏外で更新不可能(T_T)。さて、適当に時間を潰さないと。

19:05
 取りあえずホテルにチェックイン。荷物を置いて迎撃されるぞオフ会場へ向かいます。遅刻だ〜。(いつものこと?)

19:30
 30分遅れてオフ開始!!(誰のせいで遅れたんだか(^_^;)

21:45
 一次会お開き。カニうまかったっす。二次会は・・・・・・カレーみそラーメン!?

23:20
 (更新作業途中で寝ちまった(^_^;。なので現在5:45、今頃更新。全然リアルタイムじゃないっすね(T_T)。)
 ホテルへ到着。カレーみそラーメンってのは・・・・・・。

<画像>

こんなんでした。味に関してはノーコメント。仕事人さんの残した「来訪者は必ずカレーみそラーメンを食す」という悪しき伝統のおかげで、偉い目に遭いました(笑)。今後 PUGH に迎撃された際、これを食べるようすすめられたら丁重にお断りしましょう。いや、興味があるって言うんなら無理に止めはしませんが、あくまでも自己責任でお願いします(^_^;。
 そうは言いつつも、PUGH の皆さんのおかげで楽しい夜となりました。最後に、今回迎撃していただいた方々をご紹介。

<画像>

 右下から反時計回りに、PUGH 代表の斉藤さん、今回の幹事だったしふぁさん、鬼さん、「Palm Tea Room」のりょうさん、えいぞおさん、えあろさん、沼倉さん。りょうさんとは、Palm を忘れてきた(何のオフ会やねん、笑)ということで、ビームできなかったのが残念ですが、皆さん本当に良くしてくれました。特にしふぁさん。あんな「ひとりごと」に気付かれ、迎撃オフを企画していただきありがとうございましたm(_ _)m。


ひとりごと
・あたあん、自サイト内に引っ越しました。今度は SSI カウンタで PiloWeb でのアクセスもばっちり。新しいアドレスはこちら>http://hazama.nu/ataan/
・ひとまず。(言ってみたかった(笑))

2001年12月2日(日)
【その435】 リアルタイム更新 〜俺とお前と北海道二日目〜

10:25
 おはようございます・・・・・・ってかもうこんな時間かよ!! 現在、小樽に向かう電車の中です。果たして到着は何時になるんでしょう。食うもの食って、とっとと空港へ向かうことになりそうです。

11:30
 おたる政寿司本店に到着。

<画像>
うにいくら丼。
<画像>
あなご。
<画像>
鮭児。一万本に一本の割合でしか取れないらしい。
<画像>
食べてないけど八角。角に見えるのは実は歯で・・・・・・って、それはイッカク。

腹一杯。

13:00

<画像>
寿司屋から小樽駅へ向かう途中に見つけたお店。「ぱんじゅう」って何?
<画像>
これが「ぱんじゅう」。
<画像>
あんこが一杯。
<画像>
新千歳空港へ向かう車窓より。

15:40
 空港に到着し、買い物も終了。17:00発の飛行機で東京へ帰ります。

16:50

<画像>
ちょっと遅れるらしい。

17:30
 17:00の便は欠航になりました。なんか、整備がどうたらこたら。まぁ、墜落されるよりはよっぽど良いけど。で、20:30の便に振り替えになるらしい。

18:20
 もっと早い便に乗れることになりました。19:15発JAS116便。かかる費用はもちろんエア・ドゥ持ち。777って、ゲームで遊べるってホント?だったらかえってラッキーかも。(^_^)

19:15

<画像>
さようなら北海道。

20:50

<画像>
ただいま。

22:40
 自宅へ到着しました。一泊二日ってことでちょっと慌ただしかったけれど、自分たちなりに北海道を満喫できたと思います。本当はスノボでもしようと思ってたんですけどね・・・・・・聞いてたみたら無いんですよ、31cmのレンタルブーツなんて(T_T)。なので年賀状用の画像の撮影(ノーザンホースパークはその為に行った)と、旨いものを食べて帰ることを目標にしました。ちゃんと果たせたので満足です。なんたって機長さんに「空腹時に見ると犯罪的」とまで言われちゃいましたからね(笑)。あ、そうそう、この二日間の更新はすべて sigmarion II & Air H" CFE-02 & Nikon COOLPIX 885 で行いました。文章を書くのはもちろん、画像のアップロードにについても、特にストレス無く作業できました。その辺の方法なども、近いうちにご紹介できればと思います。
 最後にもう一度。迎撃して頂いた PUGH の皆さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m。


ひとりごと
・昨日は途中で寝ちゃってすいません。オフの模様を明け方に更新してますんで、まだ読んでない方は昨日のをどぞ。
・ひとまず。(言ってみたかったんだってば(笑))

2001年12月3日(月)
【その436】 お気に入りのバッグご紹介

 今日はちょっと、PDA とは直接関係ないお話。いや、手に入れたのが嬉しくて書かずにはいられないんですわ。(笑)
 おいらが通勤時に使用していたバッグは、入社直後に購入したもの。雨の日も風の日も雪の日にだって連れ出され、すっかりオンボロになっていました。
 ずっと探していたんですよ、新しいバッグを。ただ、なかなか気に入ったものが見つからなくて、一年くらい探し続けたでしょうかね。で、ついこの間ようやく見つけたんですよ、気に入ったバッグを。一目惚れでした。
 おいらが新しいバッグに求めていたのは、ただ一点。

弁当とノート PC を同時に収納できること。(笑)

 最近はすっかりさぼり気味なんですが、タカはできる限り毎日、弁当を作ってくれます。もちろん、少しでも家計を助けるためです。ところが、ずっと使ってきたバッグは、ノート PC が入るとそれだけで一杯。弁当なんて入る余地はありません。例え顧客先での作業が午前中で終わるとしても、ノート PC が入っていると、弁当を持っていくことができなかったんです。
 新しいバッグを見つけたのは、本当に偶然でした。何かのついでに、何となく覗いたバッグ売場で見つけたんです。そのバッグとは、

<画像>
Breath Carry.com の Type Cuddle

です。このバッグに惚れた最大の理由は、バッグが二重になっていて、

<画像>
インナーバッグを取り出し、

<画像>
留め具を引き出し、

<画像>
外側に取り付けられること。

<画像>
横から見るとこんな感じ。

 ノート PC 収納部であるインナーバッグを外に出してやることで、バッグ本体のスペースを空けることができるわけです。これでノート PC と弁当を同時に持ち歩くことができます。最高ですわ(^_^)。この状態だとちょっと持ちづらいですけどね。
 更に(本当はこっちがウリなんだろうけど)、

<画像>
ノート PC を収納するインナーバッグには、

<画像>
エアーを使ってPCを保護する、

<画像>
「Air Carry」システム(下の赤いのは空気入れ)

なるものが搭載されています。良くパソコンバッグとかケースに緩衝剤として使われているウレタンは、処分すると有毒なガスが発生するんだそうですね。その点、空気ならその心配もないと。環境に優しいバッグというわけですね。ちょっとかさばりますが。
 売場の人は、「2トンまで耐えられる設計、象が踏んでも大丈夫」とのたまっていましたが、ホントに大丈夫なんでしょうか? そうだ、今度 NASさんに試しに踏んでもらおうっと(笑)。
 とにかく、ノート PC と弁当を同時に持ち歩けるというだけで、おいらは大満足なんです、このバッグ。ただ、本当はリュックタイプの「Type Piggy」が欲しかったんですけどね。タカに「社会人らしくない」と止められました。(T_T)
 それと、Breath Carry.com を見て頂ければわかりますけど、あちこちテレビに登場しているようで。キムタクの背負っているバッグがこれだったとは知らなんだ。

Breath Carry.com

追記 : あ、そうそう。このバッグってば、タカからの誕生日プレゼントなんです。書くの忘れてた。(^_^;

ひとりごと
・リンクの修正等、告知してないけどちょこちょこメンテしてます。
・お帰り、Icchy。今回は・・・・・・大丈夫なんだろね。(笑)

2001年12月5日(水)
【その437】 俺とお前とシグマリ2 (7) 〜Air H" C@rd petit CFE-02 を使うのだ〜

 実は、sigmarion IIAir H" C@rd petit CFE-02 を同時に購入したのは、ちょっとした賭けでした。
 そもそも sigmarion II を本気で購入しようと考え始めたのは、

なんと「シグマリオンII」で「Air H" Card petit」がつながった!(ZDNet Mobile)

という記事を読んでから。ずっと欲しかったキーボード搭載の PDA(?) に、常時接続環境・・・・・・最高じゃないかと。
 その後、CFE-02 が発売され、sigmarion II での接続確認もちらほら見かけるようになります。その時点ですぐに飛びつけば良かったんですが、Jornada 710 とどちらにするか迷っていたおいらは、決断までに少し時間がかかってしまったんですね。
 いざ購入を決意した時には、ちょっとした不安材料を抱えることになってしまいました。もしかすると、現在店頭に並んでいるのは新しいロットで、CFE-02 に対してプロテクトがかけられているんじゃないかと。
 確かに「使えなくなっていた」等の報告を、Web 上で見ることはありませんでした。また、CFE-01 のプロテクトはハードウェア情報に含まれる「nittsuko・・・」という文字列で判断しており、製造元の社名変更に伴い、「NEC・・・」になっているので今後も問題ないだろう(sigmarion/II の製造元は NEC)という情報(真偽のほどは不明)も目にしました。しかしやはり、不安は不安です。購入して、もし使えなかったらどうしよう・・・・・・。
 しかし、いつまで悩んでいても仕方がありません。第一、もたもたしているうちにプロテクトがかけられてしまうかもしれない。おいらは意を決します。もし使えなかったとしても、オークションで売っぱらっちまえばいいや、と。(<をい)

 sigmarion IICFE-02 を購入した当日、早く接続の確認を取りたくて仕方が無かったおいらは、帰りの電車の中で箱を開けてしまいました。バッテリ残量はほとんど無く、警告が何度も出てうざったいんですが、そんなのお構いなしに取りあえずカードを差し込みます。説明書を読みながら設定してみたんですが、繋がりません。色々あちこちいじくりましたが、どうしても繋がってくれません。

「まさか・・・・・・。」

 そんなことをしているうちに、自宅の最寄り駅へ到着。仕方なく一度箱へ戻し、家路を急ぎます。早足で歩いている間も、

「ああ、繋がらなかったらどうしよう」

などと気が気じゃありませんでしたよ。
 自宅に到着すると、再度箱を開けます。今度は AC アダプタを繋いだので、うざい警告も現れません。前述の記事など参考にしながら、色々と試した結果・・・・・・。

なんとか接続に成功。(T_T)

・・・・・・良かった。おいらはホッと、胸をなで下ろしました。

 というわけで、sigmarion IICFE-02 を使うための設定を、ざっとご紹介しておきます。

<プロバイダに PRIN を使う場合の設定>
  1. sigmarion II の電源をオンにした状態で、CFスロットに CFE-02 を装着する。
  2. 「カードに電源を供給して良い?」という旨のダイアログが表示されるので、[はい]ボタンをタップする。
  3. [スタートメニュー]-[プログラム]-[通信]-[リモートネットワーク]を開く。
  4. 「新しい接続」アイコンをダブルタップする。
  5. [接続名]に任意の名前を入力する。仮にここでは「PRIN」とする。
  6. [接続の種類]に「ダイヤルアップ接続」を選択する。
  7. [次へ]ボタンをタップする。
  8. [モデムの選択]画面でプルダウンメニューから「NEC_Infrontia-CFE-02」を選択し、[次へ]ボタンをタップする。
  9. 電話番号の市外局番に「0570」、それ以下に「570611##61」と入力する。
  10. [市外通話としてダイヤルする]にチェック。
  11. [終了]ボタンをタップする。
  12. 今作った接続設定ファイル(ここでは「PRIN」)を起動する。
  13. 「ユーザー名」と「パスワード」ともに「prin」と入力する。
  14. [パスワードの保存]をチェック。
  15. 「ダイヤルのプロパティ」はここでは仮に「自宅」を設定。
  16. 「接続」をタップ。
  17. カードのアクセスランプが点滅し、認証が終われば接続完了。

 以上です。たったこれだけのことなんだけど、ここにたどり着くまで偉い時間を擁してしまいました。その原因の一つが、sigmarion II が独自に備える「sigmarion menu」。ここに、[INTERNET SETUP]というのがあるんですよ。はじめはここで一生懸命設定してたんですが、全然繋がりませんでした。

これって結局なんなんすか!(切れ気味)

まぁ、取りあえず繋がってるんで良いんですけど。(なら言うな)

追記 : 「INTERNET SETUP」、DDI は対象外だそうです。(from PDA mix

 それから、おいらは運良く sigmarion IICFE-02 を使うことができましたけど、この組み合わせはあくまでメーカーサポート対象外。今後のロットではプロテクトがかけられてしまうかもしれないし(2001年12月5日現在、そんな話は聞きませんが)、購入するときは覚悟を決めて、自己責任にてお願いいたしまするるる〜。m(_ _)m


お知らせ
・「Ore-Oma! Doc版 −その427〜その432−」をアップしました。
・「あたあん MeDoc版 − 2001年11月分−」をアップしました。
ひとりごと
・PDA-JAPAN が移転、というか、PDA mix として生まれ変わりましたね。で結局、どこにリンクをはれば良いのだろう。
・馬鹿は放っておくのが一番。

2001年12月6日(木)
【その438】 俺とお前とシグマリ2 (8) 〜回答?解答?解凍!〜

 実はおいら、PIM は従来通り Palm のを使うつもりでいた為、sigmarion II を PC と接続する気は更々ありませんでした。ActiveSync 経由でないとインストールできないアプリがあるのは聞き及んでましたが、「まぁ、何とかなるや」とか思ってたんですね(何とかならないことを後で思い知るんですが、それはまた別の機会に)。それは、PC に接続する為のケーブルを、「んなもんいらん、もったいない」とか言って購入しなかったことからもわかると思います。だいたい、デフォルトで Mac と接続できませんしね。
 しかしおいらのように、ホームページの更新をメインの用途にしようなんて場合、色々とインストールしなければなりませんよね。FTP クライアントとか。じゃあ、PC を経由しないでどうやってインストールするのかと考えた時、折角 Air H"の常時接続環境があるんだから、直接ネットからダウンロードしてインストールしてしまえ、と思ったわけです。WindowsCE ならきっとそれができるはずと、そう思いました。
 んでとりあえず、公開されているソフトウェアを色々と漁ってみました。Vector とか、WindowsCE FAN あたりをです。Palm のそれよりも遙かに数が少ないのはちょっと意外でしたけど、取りあえず目的に合ったソフトをいくつかピックアップし、ダウンロードします。・・・・・・しかし。

圧縮されとるやん。(-_-;

取得したファイルは、どれも「.zip」や「.lzh」といった、お馴染みの圧縮形式を表す拡張子になっていました。
 Palm では、こういった PC で良く使われる圧縮形式を直接扱う場面には、ほとんど出くわしません。それは Palm が「まず PC ありき」という考え方に基づき、ソフトウェアやデータのインストールを基本的にはすべて PC 経由で行うようになっているからです。最近でこそ「Xiino Xip」などの解凍ソフトが現れましたが、そういう文化が浸透するにはまだまだ時間がかかるだろうし、もしかするとこの先ず〜っと浸透しないかもしれません。
 そんな Palm の文化にどっぷり浸かっていたおいら、一瞬「げ、やっぱり PC 経由しないとダメか!?」と思いました。PC でダウンロードし、解凍して、sigmarion II に流し込まないとダメなんじゃないかと。しかしふと、WindowsCE FAN のソフトウェアライブラリに目を落とします。すると、ちゃんとあるじゃないですか。

「圧縮・解凍」というカテゴリが。(^_^)

この中からおいらが選んだ(現在4つしか登録されてませんが)のは、以下の二つ。

読んで字の如く、「Pocket UnZip」は ZIP 形式の解凍ソフト、「TascalLha」は LHA 形式の圧縮・解凍ソフトで、どちらもフリーウェアです。

 まず、必ず「Pocket UnZip」を先にダウンロードしましょう。何故なら、「TascalLha」は ZIP 形式で圧縮されているからです(笑)。
 Internet Exproler を起動し、「Pocket UnZip」作者さんのホームページへアクセス、[Applications]-[Pocket Unzip]と辿りダウンロードページへ行きます。[Windows CE - MIPS based H/PC devices.]と書いてある下の[H/PC download - Just the executable[143k]]というハイパーリンクをタップし、「punzip.exe」をダウンロードしましょう。これがもう、いきなりプログラム本体です。ドキュメント類は一切付いてきません(PC 用ダウンロードセットの方に含まれています)が、まぁ、何となく使い方は分かりますよね。で、このファイルを適当な場所に置きます。ちなみにおいらは、[\Program Files\PunZip]の下に置きました。
 更に、「TascalSoft」のホームページへ行き、左メニューより[Handheld PC]-[TascalLha]と辿ります。で、[lhaxxxh.zip(xxxはバージョンNO)]というハイパーリンクをタップし、「lhaxxxh.zip」をダウンロードします。
 そしておもむろに、先ほどの「punzip.exe」をダブルタップして起動しましょう。メニューより[File]-[Open]を選択し、「lhaxxxh.zip」を開きます。すると、書庫の内容がリスト表示されます。必要なのは「TascalLha.mips.CAB」です。ファイル名をダブルタップすると実行され、インストール先を聞いてくるので、適当な場所(おいらの場合は[\Program Files\TascalLha])を指定します。ここからはちょっとうろ覚えですが、インストールされた「TascalLha.exe」をダブルタップして起動すると、「.lzh」という拡張子を「TascalLha」に関連付けるか、と聞いてくるので、ここは[はい]としておきましょう。拡張子「.lzh」のファイルをダブるタップするだけで、「TascalLha」が起動するようになります。

 さてと。だらだらと説明してきましたが、これで圧縮・解凍は万全。思う存分(?)、色々なソフトをダウンロードしてはインストールするおいらでした。


お知らせ
前々回に追記。紹介したバッグ、実はタカからの誕生日プレゼントでした。浮かれてて書き損なった。(^_^;
ひとりごと
・んん〜、今日は気が付いたらめちゃめちゃ長くなってた。(^_^;
・Ore-Oma! は、「シグマり!シグマれ!シグマ郎!」を応援します。(笑)
・そう言えば21-22日は、一泊で大阪へ出張だ。早速ぱたりろさん(大阪に来た時は是非声をかけてと言われている)に連絡・・・・・・と思ったけれど、仕事だから後輩も一緒。んん〜、一人なら良かったんすけどね。今回は諦めます・・・・・・。
・こりゃすげ〜。>hrFontMapper

[前のページへ] [全過去ログ & Doc版へ] [次のページへ]